ハイキング尾瀬・南会津

只見町 要害山 只見四名山を目指す (途中まで)

ハイキング

2022年5月6日(金)
13:05 滝神社 – 13:30 CO520m – 14:05 滝神社

メンバー : 2人(Waka, Kさん)

天気 : 晴れ

南会津逍遥の旅を終えて、檜枝岐のHさんに只見駅まで送って行ってもらった。
只見から小出へ向かう電車の出発時刻は15:40でありお陰様で時間がたっぷりある。Kさんからの提案があり、只見駅の裏にある要害山へ登りに行くことにした。

神社の裏に見えているのが要害山

滝神社の境内より奥に進む。私もKさんもサンダルを履いている。スギの葉っぱや石ころがサンダルの隙間から入ってくる。程なくして堰堤を横断して尾根に取り付く。
そこから見上げる尾根に唖然・・・、急登じゃないか!!白く風化したザレザレの細尾根がひたすら続く。スリップしないように慎重に歩みを進める。時折鎖場が出てきたりと傾斜がさらに増す。
そのうち私が我慢できずに「もうここら辺で良いんじゃない?」とKさんに提案した。
時刻は13:30、ここで撤退が決まった。山頂まで行ったら電車乗り遅れるかもしれないしね?

只見の町と寝観音様
蒲生岳と柴倉山

マツの木があり日陰になっている場所でしばらくのんびりした後にいよいよ下山に取り掛かる。下山も油断ならなくて、時折四足歩行でなんとか降ってゆく。なにこの悪さ。もはやハイキングじゃない。ここのルートをそつなく登降できたら剱岳は余裕で歩けるんじゃないかと思う。
14:05滝神社無事帰着。
要害山は只見四名山の1つに数えられる。要害山と名のつく通り、戦国時代には城が存在していた場所だ。(水久保城跡)。この細尾根から攻めてきた敵はもれなく全員突き落とされてしまいそうだ。
今日は撤退してしまったが、いつかリトライしたい。

タイトルとURLをコピーしました