越後三山沢登り

黒又川 みかぐら沢 〜 未丈ヶ岳 草紅葉と山景色

越後三山

2021年10月16日(土)
6:30 泣沢登山口 – 7:30 みかぐら沢出合 – 9:00 CO660m二俣 – 13:50 未丈ヶ岳 14:50 – 17:00 黒又川本流の橋 – 17:25 泣沢登山口

メンバー : 2人(Waka : フェルト、Kさん : フェルト)※ラバーでも問題なさそう

装備 : 50mロープ

天気 : 晴れ

シルバーラインの途中、泣沢ゲートのシャッターを開けてトンネルを出ると、突然、山に囲まれた空間に飛び出す。人工物に覆われた世界から原生の森へ。

未丈ヶ岳 泣沢登山口駐車場には、すでに1台の車。隣に駐車して、沢の準備に取り掛かる。
今日はあまり天気がよろしくない予報だったが、見上げると青空が広がっている。予報天気図を眺めて、寒冷前線からも温暖前線からも離れた場所を選んでみたが、今のところ、この判断は間違っていなかった。このまま1日好天であって欲しい。

6:30、泣沢登山口出発。登山道を辿り泣沢へ下降するが、最初から踏み跡が2つに分かれており私を惑わす。以前も来たことのあるKさんが「こっちだよ」と教えてくれたので事無きを得たが、どうやらここらには登山道の他に仕事道も錯綜しているようだ。登山道なら見れば分かるだろうと、たかを括っていたが、事前情報が無いと私のような方向音痴は意外と騙されやすい。

本来登山道は、渡渉を交えながら泣沢の左岸、右岸と歩いてゆくが、私たちは1回目の渡渉ポイントでそのまま泣沢を下降する。

左右を取り囲む木々は、緑の他に茶色やオレンジも混じっていて、秋らしさを感じる。水深は平均して膝下くらいだが、まだ朝だし、ちょっと寒いかも。

良い感じの雰囲気
黒又川本流に出合う

そのうち黒又川本流に合流すると、グッと水量が増した。ところどころで非常に美しいゴルジュを形成している。ほぼ全身水に浸かりながらのヘツリを余儀なくされる。
「寒い〜!」のは確かだが、気持ちはゴルジュに対する感動が大きく勝っている。見応えバッチリ。寒さを忘れてしまうほどの美しさだった。

腰以上まで浸かる場所も
見事なゴルジュ

7:30、みかぐら沢出合到着。

入渓すると、再び水量は落ち着き泣沢と同じくらいに。しばらく穏やかな渓相が続く。天気も良いし、すっきりと気持ちが良い。水温にも慣れてきた。秋の沢登りって感じ!

そのうちに現れた4m滝は右側から登る。

ゴルジュはヘツれる。
最初の4m滝

ゴーロ基調の落ち着いた渓相が続くが、のんびりと秋の渓流を楽しむにはこれくらいがちょうど良い。

水量が少ないのでこの時期は助かる。笑

進んでゆくと、前方のゴルジュ奥からゴゴゴ・・・と水の流れる音が聞こえてくる。滝の予感がするが、本体は沢が屈曲していて見えない。滝に取り付くには泳ぎ必須、そこそこ水流が強くて大変そう。大人しく高巻くことにした。

ゴルジュの先に滝がある模様

左岸より巻き。灌木を使ってトラバースし、ルンゼより沢床に着地。高巻き中にちょろっと滝が見えた。3mくらいだろうか。頑張れば登れそうな感じだが、寒そうだったので高巻きして良かった。笑

左手から出合う支流の3m滝を見送ると、再びゴルジュ感が増してくる。
標高点678mを左手に通過すると右から倒木を抱えた立派な6m滝が出合う。程なくして二俣へ。

美しい
ナメ床もある
支流の倒木滝が立派

地形図上に水線表示は無いが、未丈ヶ岳を目指したいので左俣を進む。
標高差は泣沢駐車場から大して変わっておらず660mくらい。横移動ばかりだったがこれから未丈ヶ岳に向けて標高差1,000m程を一気に稼いでゆく。

左俣へ入ると水量がさらに減った。小滝を快適に超えてゆく。

小滝が続く
快適

雰囲気が良い

水流は次第に細くなってゆき、なんとなく源頭ぽい雰囲気さえ感じるが、詰めまでまだまだ標高差がある。

そのうち沢がV字状に開けてきて、目前には紅葉している尾根が見えた。山頂は一体どんな状況になっているだろうか。これから未丈ヶ岳へ行くのが楽しみで仕方がない。

カエル先輩
トイ状3m滝。
目前の尾根がほんのり紅葉している

CO950mで大きな二俣分岐。右俣には巨大な滝。私たちは左俣へ。
ここからさらにグッと傾斜が増してくる。

二俣分岐

すっきりと晴れた青空が眩しい。イマイチな曇り空を予想していただけに、嬉しい誤算だ。
7m滝は右側から登った。

青空と山
7m滝
右側から登る

振り返ると越後駒ヶ岳が見える。向こうも稜線付近が紅葉している。山頂はガスってしまっているが、ガスが取れたらあちらでも良い景色を眺めることが出来そうだ。越後駒ヶ岳へ登っている登山者もきっと楽しい気分でいることだろう。

後ろに越後駒ヶ岳

CO1,140m二俣は右へ進む。そのうちに目前に8m程の滝。

8mの滝が立ちはだかる。

シャワークライムを避けて左岸ルンゼより巻き。ルンゼは思ったより急な上に予期せぬ枯滝(1.5mくらい)や一枚岩が埋まっていたりして結構悪い。

2番手のKさんに「お助けロープ欲しいかも!」と言われたが、長いスリングは全てザックにしまっていたので結局見守るしか出来なかった・・・。
第一、私が登れるのにKさんが登れないなんて事は、まずないだろーって思っている。お助けロープは今のいままで出したことも出そうと思ったこともない・・・。(今回も、なんだかんだで登ってきたし。)
と、私が何もしない理由をKさんに話したら「僕だって怖いときは怖いよ!」と言われた。笑
なんなら昨年の夏、袖沢御神楽沢で私とSさんが悪い滝を先に登って自分を滝下に置いてけぼりにした事を今でも根に持っているらしい。(あの時もSさんと「Kさんだから大丈夫っしょ!」と上で何もしなかった。ご、ごめん・・・!)
ちょっと申し訳なかったかも。
今度からは、お助け用に240cmスリングくらいは腰に下げておこうかしら。

トラバースをしていると、灌木に新しめの残置スリングを発見。我々も先人と同様、50mロープで懸垂下降して沢床に着地。

その後に現れる滝はどちらも左岸巻きで越える。

10m滝
5m滝

5m滝高巻きの途中から眺めた山景色が見事だった。

高巻き中。振り返ると圧巻の山々

いよいよ辺りは藪っぽくなり源頭の様相に。沢型が途切れ、目前には藪。
藪を漕いでいると途中で再び別の場所から合流してきたと思われる沢型を発見し、しばし楽をさせてもらうが、安寧の時も一瞬で再び竹の猛藪に突っ込んでいく。

上部へ登ると藪は少しは落ち着いてくれた。程なくして登山道に合流。

藪ですよー

ひと登りして、13:50未丈ヶ岳到着。

未丈ヶ岳到着!

見渡す限りの山々、なんて素晴らしい景色!初めて未丈ヶ岳に登ったが、本当に素晴らしい山だと思った。100名山に選ばれていないのが不思議なくらいだ。

毛猛連山
浅草岳

奥に見えてるのが唐松山、上権現堂山など

一通り景色を満喫して、草原に移動する。

こちらも、素晴らしき絶景!!

村杉半島の右奥に会津朝日岳
会津朝日岳、大幽朝日岳、丸山岳

スキー場の奥に三岩岳や会津駒ヶ岳が見える。

お湯を沸かして1時間ほどのんびり過ごした。

ご満悦のKさん

14:50、名残惜しいが下山開始。
まっすぐ続く尾根をひたすら下る。登山道は非常に綺麗で歩きやすい。無雪期の登山者は少ないのか、人為的に踏み荒らされてる感じもまるで無い。
こんなに素晴らしい山が、ひっそりと存在していることがなんか嬉しい。笑

紅葉に彩られた未丈ヶ岳
尾根には立派なゴヨウマツがそこかしこに

風化した花崗岩の尾根道

山頂でのんびりしすぎてしまい、泣沢へ着地した頃には、いよいよ日が暮れそうになっていた。

黒又川本流にかかる橋がかなり怖かった。

17:25泣沢登山口無事帰着。

【寄り道おすすめ】

①お食事処いざよい (大和IC近く) 11:00〜14:00 / 17:00〜21:30
お腹が空きまくっていたので天丼オーダー。旬の野菜を使った天ぷらがとても美味しかった。ご飯大盛り無料。

②日帰り温泉 ゆ~パーク 薬師 10:00〜20:30 (大人650円)
美味しそうな野菜を格安で購入できた。

①天丼 1,100円
②美味しそうな野菜をたくさん購入

【参考】

今年の7月にKさんが黒又川(泣沢より下流)をパックラフトで下った時の動画です。
上流同様、美しい渓相が広がっています。

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

コメント一覧 ☆お気軽にコメントください☆

  1. snowdrop より:

    未丈ケ岳は何度か行きましたが、ミカグラ沢は行ったことがありません。
    黒又川を下ると赤柴沢と言う沢があります。下流部に時間がかかるので、三又口
    にあった小屋裏から中流域まで山越えのゼンマイ道で行き、イワナ釣りをしなが
    ら登ったのです。沢山釣り過ぎたので、夜にはイワナの葬式の夢を見てうなされた
    ほどでした。登山大系にゼンマイ道が記されていますが、今もあるかどうか?

    大鳥沢からも未丈ケ岳に溯りましたが平凡でした。大鳥沢でのお薦めは香の木沢
    です。ほど良い滝の連続で、只見丸山に突き上げてスキー場から下山できました。

    先日お約束した資料、本日18:00~の時間指定でお送りいたしました。お役に立てれ
    ば嬉しく思います。くれぐれもお怪我の無い登山を楽しんで下さい。

    • Waka Waka より:

      先ほどはありがとうございました。
      お手数をおかけしました。到着を楽しみにしています!

      みかぐら沢は秋にぴったりの渓でしたよ。
      実は、今年の夏に赤柴沢を狙っていたのですが、結局行けずじまいで。
      来年こそ行ってみたいなと思っています。
      イワナの葬式の夢とは、気になります。笑
      今年の夏に山仲間が黒又川を下降しましたが、小屋は無く、ゼンマイ道もほぼ無くなっていたみたいです。私が赤柴沢へ行く際は黒又川を泳いで下降かなと思っています。

      香の木沢は注目していませんでした・・・!今年行きたいけど、もう寒いですかね
      ?来年行ってみます。^^

  2. アサレン より:

    初めまして、ヒマーンさんのコメントから来ました。
    当日、すでに1台が私の車でした。

    ヒマーンさんのコメントや、当日スライドした方が、ハスラーの方ですか?と聞いてきたりで、ハスラーの方が気になっていたのです。

    私も未丈ヶ岳は初めてでしたが、良い山ですね。私はヤマレコやってますので、気が向いたらチラ見してみてください。

    • Waka Waka より:

      アサレンさん、こんにちは!
      怪しいハスラー、お騒がせ(?)して失礼いたしました。笑
      私も山仲間も、新潟近辺の山が大好きなので、今後もしつこく、またどこかで出没するかもしれません。笑

      お先に一台、新潟の車が停まっていたのを見て、朝活か??と思ってました。
      未丈ヶ岳が地元の人にしっかり愛されている感じがして見た時は嬉しい気持ちになりました。

      ヤマレコ拝見いたしました。素敵な山にたくさん行かれてますね〜!
      冬山にも興味があり、下権現堂山近辺、魚沼アルプスとか、今冬歩きにいけたらなぁと思っています。^^

Wakaのハイキング日記
タイトルとURLをコピーしました