ガイド縦走南アルプス

南アルプス 椹島〜聖岳〜沼平へ【ガイド記録】

南アルプス

2022年9月12日(月)
椹島ロッヂ

2022年9月13日(火)
6:15 椹島ロッヂ- 6:25 聖沢登山口 – 8:10 聖沢吊橋 – 10:10 乗越 – 11:30 滝見台 – 13:05 聖平小屋

2022年9月14日(水)
3:00 聖平小屋 – 5:20 聖岳 5:50 – 8:00 聖平小屋 8:30 – 12:10 竹内門 – 13:25 茶臼小屋

2022年9月15日(木)
5:05 茶臼小屋 – 5:30 茶臼岳 6:15 – 6:35 茶臼小屋 7:30 – 9:15 横窪沢小屋 10:20 – 13:55 沼平

ガイド登山(メンバー : 4名 + Waka)

天気 : 1日目 晴れ , 2日目 晴れ , 3日目 晴れのち雨 , 4日目 雨のち晴れ

ガイドのご依頼を受けて3泊4日で南アルプスを案内してきました。今回はピークハントではなく仕事目的の入山です。メンバー4人のうち2人は登山初心者(1人は全くの初登山でもう1人はこの日の為に金時山へ登ってきたとのこと。)で、もう2人は登山経験者です。全行程遅延なく終えることが出来て本当にみなさんよく頑張りました!

初日は椹島ロッヂに宿泊。オシャレな食堂あり、お風呂あり、個室あり、電源あり、でまさに街中の宿のような快適空間でした。
翌日は5:00に朝食を済ませて昼のお弁当を受け取った後、バスに乗り込み聖沢登山口へ。

椹島ロッヂの晩ごはん
朝ごはん

お客様から「コースタイム通りのペースで。」とご指示いただいたので、その通りに到着するよう歩きました。

山初心者の2人がいてどうなるか?!と思いましたが、皆順調!私としてはザレ場のトラバースを懸念していましたが、心配ご無用でした。後ろで「金時山にこんな所無かったぞ?!」という声が聞こえてきましたが、皆さん確かな足取りでしっかり通過。すごいなぁ。私は人生初めてのトラバースはかなり怖かった記憶があります。笑

登りに差し掛かると足に負荷がかかり流石に疲れるようで、フウフウ言いながら頑張ります。10:10、お腹が空いてしまったので、途中の乗越で椹島ロッヂのお弁当をいただきました。風が通り涼しい場所です。木々の隙間から聖岳が覗いています。

椹島ロッヂのお弁当
聖岳が覗いています

その後のザレ場トラバースも問題なく通過。

みなさんスイスイ通過してゆく

昼過ぎ、無事聖平小屋に到着しました。14:00頃から雨が降る予報でしたが、降雨の気配はなくずっと晴れたままでした。

聖平小屋ではお済みの物は全て持ち帰りになっています。お手洗いで使用したトイレットペーパーをはじめとして、売店で購入したビール缶やペットボトルなども全て自分で持ち帰ります。荷物は増えますが、やっぱり皆ビールは飲みたい!ようで購入していました。笑

お客様2人は山小屋デビューでしたが、早々に順応している様子でこれまた一安心。
今晩は自炊で各自持参の食事で済ませます。

翌日は茶臼小屋へ向かう予定ですが、「おやおや?天気が良いぞ?」ということで早出して聖岳に行こう!となりました。明日もまた15:00頃から降雨予報で、昼過ぎには茶臼小屋へ着いておきたいです。時間を逆算して3:30に出発しよう!という話にまとまりました。

小屋のシュラフ+持参のシュラフカバーにくるまり就寝。
翌日はやけに皆早起きで、そして準備も早くて結局30分早めた3:00出発になりました。真夜中からヘッドライトを装着して聖岳を目指します。1人は初めての高度感におっかなびっくりでした。そんな中でも山頂まで頑張り全員無事に登頂。ちょうど朝日が昇ってきて素晴らしい展望が次第に見えてきます。「すごい!すごい!」って言葉を聞けて私も内心嬉しかったです。

雄大な富士山!
赤石、荒川、塩見、仙丈が見えています

その後聖平小屋まで引き返し、いよいよ茶臼小屋を目指します。昨日と同様コースタイム通りのペースで歩きましたが、上河内岳の肩へ向かう登りで聖岳の疲労が出たようで若干ペースダウン。休憩を挟みながら頑張ります。
ついに上河内岳の肩に到着。山頂はスルーか?と思いきや、時間があるのでせっかくだからと有志で寄り道してきました!

朝はあのてっぺんまで登りました
上河内岳に寄り道
上河内岳の山頂で展望を楽しむお客様。右から笊ヶ岳と白ザレを抱えた偃松尾山が見えます。

やっぱり山頂からの展望は素晴らしい。しばらく楽しみ、引き続き歩みを進めます。

竹内門の見事な褶曲模様。チャートという岩質です。チャートは海底で放散虫というプランクトンの遺骸が積もって出来た岩石で非常に硬くハンマーで叩いても傷がつかないのが特徴です。遥か昔、この場所は海底にあり、隆起してここまで標高の高い場所になりました。

地質図で見ると、オレンジ色の部分がチャートです。思い返してみれば、この部分は痩せた岩尾根でした。頑丈なチャート部分が残って、険しくなったということでしょう。

竹内門の不思議な模様の岩
シームレス地質図
上河内岳名物の線状凹地を通る。その途中の亀甲状土。

順調に歩き、13:30茶臼小屋に到着しました。

夕飯は各自持っているものの、1,000円で夕飯にカレーライスを注文出来るそうで、当然みんな食べたい!となり注文。小屋番の名倉さんとスタッフのお姉さんが気さくで優しい方で心地良かったです。

そういえば、こちらでもお済みの物は全て持ち帰りです。この大変なご時世の中、もしかして南アルプス全体でそうなっているのかもしれませんね。

茶臼小屋の左奥には大崩壊地「赤崩」が見える
ご馳走!

翌日は有志で茶臼岳往復。早朝は雨が降っておりやる気を削がれる天候でしたが、「とりあえず行ってみよう!」と登ってみたところ、次第にガスが晴れて素晴らしい展望を眺めることができました。

お客様が撮ってくれました!
仁田岳南東尾根の向こうに信濃俣と大根沢山、その奥に不動岳、黒法師岳、大無間山が見えています。
上河内岳がとてもカッコ良い。右奥の偃松尾山と笊ヶ岳も目立っています。

じっくりと景色を楽しみ、名残惜しいですが茶臼小屋に引き返します。

茶臼岳を振り返る
とってもとっても気持ち良い!

その後支度を済ませ茶臼小屋を出発。横窪沢経由で沼平へ降ります。皆、歩くのが上手でお見事!

恐怖の吊り橋を何度か渡る・・・!

白樺荘の美味しいカツ丼を食べて帰路につきました。

お天気に恵まれ素晴らしい4日間でした。バッチリ展望を眺めることが出来て本当に良かったです。
みんな頑張っていましたが、特に初心者のお2人は、いきなり3泊4日の山歩きをすることになり大変だったと思います。それでも遅れることなく最後までコースタイム通りに歩けていたので、強いな〜と思いました。数日筋肉痛はミシミシ感じると思いますが、ゆっくり休んでください。
皆様ありがとうございました。ご一緒出来てとってもとっても楽しかったです。お疲れ様でした!

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

コメント一覧 ☆お気軽にコメントください☆

  1. このたびは大変お世話になりました。
    Wakaさんのおかげで無事に調査を終えることができました。
    登山に不慣れなメンバーだったこともあり、ペースを作りながら先導していただいたり用意不足をフォローしていただけて大変心強く安心して歩くことができました。
    また、植物や野鳥、さらに素晴らしい景色に出会えた事は仕事を超えて思い出に残る山行となりました。
    機会がありましたら、是非またお願いしたいと思います。
    今後も気をつけてお仕事続けてくださいね。今後のWakaさんのご活躍をお祈りしています。ありがとうございました。

    • こちらこそ、ご依頼してくださりありがとうございました。
      私自身、良い経験をさせていただきとても感謝しております。
      またぜひよろしくお願いいたします!

登山ガイドWaka
タイトルとURLをコピーしました