スポンサーリンク
PHガイド記録北アルプス南部

北アルプス 笠ヶ岳 ガイド記録

北アルプス南部

2023年9月1日(金) 〜 9月3日(日)

2泊3日、北アルプスの笠ヶ岳へ!

双六岳や黒部五郎岳へ登ったことのある人は多いかもしれませんが、北アルプスの主稜線から大きく離れた「笠ヶ岳」へ登ったことがある人は意外と少ない気がします。
「人生で1度は笠新道から笠ヶ岳へ登ってみたい!」と、笠ヶ岳お初のHさんとNさんが参加してくださいました。ありがとうございました。

初日は新穂高に集合してわさび平小屋まで歩きます。9月に入って秋らしくなったのか?山々がくっきりと美しく見えます。午後に入っても山にガスはかからず、いつまでも素晴らしい眺望でした。

明日もこのお天気の中歩きたいなと思いながらわさび平小屋に入ります。

今日の宿泊地です。

わさび平小屋はとても綺麗な小屋で快適!お風呂へ入り(洗い場2つ、リンス・シャンプー・ボディーソープ有、ドライヤー有!)
17:00からの夕食ではあゆの塩焼きをはじめとした豪勢な食事に舌鼓。身も心も満たされて気持ちよく就寝しました。

翌日の朝食は4:30からいただいて、5:10頃に出発。

2日目は核心の日。急登の笠新道を登ってゆきます。
登っている時は曇り空で涼しく、稜線で景色を見たい時だけパーっと晴れてくれないかな。なんて都合の良いお天気を期待しながら出発です。

樹林帯は意外と涼しく、登山道は葛折で登りやすく予想よりも快適に高度を稼いでゆきます。
木々の隙間からは近くの穂高や焼岳、乗鞍岳が見えます。

赤い実をつけたオオカメノキ。黒く熟すと鳥が食べに来るようです。
焼岳や乗鞍岳が見えます。

朝イチで新穂高を出発した登山者が続々と私たちを追い抜いてゆきます。皆んな早いなぁ。今日は土曜日。意外と笠新道を登る人は多いようです。そして年齢層が若い!おしゃれなお姉さんやお兄さんが多かったです。

高度を上げてゆくほどに穂高の稜線が一望できます。素晴らしい!

南岳、大キレット、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、ジャンダルム、西穂高岳まで見える。

いよいよ急登区間にも終わりが見えてきました。最後に尾根を乗越して、杓子平に着地。
すると目前にはデデンと鎮座する笠ヶ岳の勇姿が!!もう皆大興奮です。

笠ヶ岳、こんにちは!
杓子平を振り返る

杓子平から稜線までえんやこらと登ります。けっこう高い所まで登ってきましたよ。高山市から来たという仲良し三姉妹や、カメラを抱えたお兄さん2組などと抜きつ抜かれつで高度をあげてゆきました。

ついに稜線へ到着です。登山口からここまでコースタイムは約6時間。長い道のりだったけれど、皆んなでワイワイ登ったからあっという間だったかな?

お天気も良いことだし、「本日のピーク」ということで抜戸岳を目指すことにしました。

山頂からは奥深い北アルプスの山々がずらり!
改めて笠新道という登山道の良さを実感します。登るほどに見える展望が一転二転、まるで起承転結のあるストーリーのようです。

抜戸岳山頂からの展望。
西鎌尾根から続く槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、大キレット。奥に燕岳も見えています。

素晴らしい展望をひとしきり楽しみ、いよいよ本日の宿泊地「笠ヶ岳山荘」を目指します。

ここから笠ヶ岳山荘までが意外と遠く感じました。疲れてきた身体にアップダウンが応えます。休憩をちょこちょこ挟みつつ展望を楽しみながら進んでゆきます。

近くて遠い笠ヶ岳山荘。

すると後ろから男性3人パーティーが。1人の男性が腰につけた熊鈴がよーく通る素敵な音色を発しています。HさんやNさんが「熊鈴うるさいねぇ」と話しています。確かに…。
熊鈴にも色々種類がありますが男性の熊鈴は半径200m離れていてもよーく聞こえてしまう厄介な音色です…。抜きつ抜かれつでなかなか騒音から解放されないので、次にすれ違ったタイミングで意を決して声をかけました。「熊鈴の音、止めてもらえませんか。ここ見晴らしの良い稜線なので…。」人が多いし見通しも良いから熊に遭遇する可能性も低い場所だと思います。とまで言いたかったのですが全てを伝えきれず、でも男性は熊鈴の音を止めてくれたのでホッとしました。
心地よい、平和な稜線が訪れた…!

16:00笠ヶ岳山荘着。
ちょうど夕飯の時間が始まりつつあるようで、小屋内はバタバタ忙しそうでした。

知り合いのAさんが働いており、挨拶をしました。せっかくなのでHさんとNさんにも紹介しました。Aさんは界隈では有名なスーパー沢屋で、昨年はイッテQに出演してイモトを辺境クライミングに連れて行っている有名人です。2人とも「イケメン!優しい!」と喜んでいたので良かったです。(笑)

夕飯は18:00から。カレーライスが美味しい!味噌汁とカレーライスはお代わり自由ですが一杯目でかなり満腹になってしまい、ご馳走様。美味しかったです!

美しい日没とアーベントロート眺め、最後の最後まで今日という1日を楽しみました。

日が沈んでゆく
槍穂のアーベントロート
黒部五郎岳、薬師岳、剱岳、立山、水晶岳、鷲羽岳、双六岳、野口五郎岳などが見える…。

翌日は4:30にご来光目的で笠ヶ岳を目指しました。なんと途中でオコジョにも会えてラッキー。
暗闇から次第に辺りが明るくなってゆきます。ちょうど中岳の向こうから朝日が登ってきました。次第に染まってゆく峰々は美しく、いつまでも山頂にとどまっていたくなりました。

笠ヶ岳、登頂!
南アルプス、八ヶ岳、富士山方面
槍穂の向こうから朝日が昇る
山の1日が始まる。

笠ヶ岳山荘に戻り、朝弁当の朴葉弁当をいただいてから出発。これから稜線を縦走し、鏡平から下山します。
相変わらず良い天気で、少し暑くなってきました。アップダウンがありハードですが素晴らしい展望に疲れも吹き飛びます。

次第に離れてゆく笠ヶ岳
ひたすら槍を眺めながら歩く稜線
東西で雰囲気の異なる稜線

鏡平山荘では名物のかき氷をHさんとNさんが食しました。私はお腹の調子がよくないのでコーラを飲みました。Hさんが「コーヒーフロートも食べたいけれど1,100円は高くて買う気にならないよねぇ。」なんて話していましたが
ちょうど昨日から前後している高山市の三姉妹が向こうのテーブルでかき氷を食べていて、その後コーヒーフロートを美味しそうに食べているのが見えました。HさんとNさんは感化されたようで、結局コーヒーフロートを買っていました。笑
美味しそうに食べていて良き良き。

ここでまた嬉しい出会いが!山仲間のがんちゃんにお会いしました!がんちゃんは界隈では有名なスーパー山屋です。山スキーヤーの間で知らないものは居ない地獄軍団のメンバーです。(がんちゃんの山レコに文章でちょこっと登場しました。)

グルメを充分に楽しんだらいよいよ下山。小池新道は日差しが強く、結構暑い。Hさん、Nさんが、「笠ヶ岳で登りに使うなら笠新道の方が涼しいし絶対に良いね!」と話している。2人ともいつの間にやら笠新道推しになったようです。(笑)

連日の晴れ続きで秩父沢の水が涸れていたのには驚きましたが順調に高度を下げてゆきます。わさび平小屋に到着して美味しい山の水をごくごくと飲む!生き返った〜!!

私たちより先に到着していた高山市の三姉妹がわさび平小屋名物の素麺を美味しそうに食べていました。鏡平でかき氷・コーヒーフロート・うどんを食べていたのに、また食べているのがちょっと笑えました(笑)
昨日から前後しているカメラのお兄さん2人組も到着して、チーム笠ヶ岳のメンバーも続々と下山しているようです。
見ず知らずの人とはいえ、ずっと前後しているとなんだか仲良くなってしまいますね。笑

わさび平小屋から1時間ほど歩き、新穂高へ無事下山!

3日間素晴らしいお天気に恵まれました。ご参加してくださったHさん、Nさん、ありがとうございました。お疲れ様でした!

山頂からの景色は最高🙌
笠ヶ岳登れてよかった〜😆

一生歩けないと思っていた笠新道から笠ヶ岳登れ、素晴らしい景色を見ることができました。
今年1番の最高の山行になりました。

喜んでいただけたようで私もとても嬉しいです!
登山ガイドWakaではまだまだ企画が少ないですが、、、これから頑張って考えてまいりますので、またどうぞよろしくお願いします!

・・・

次回の公募ツアーは11月2日開催の「富士山大室山」です。おかげさまで満席になりました。ありがとうございます。
駐車場の都合で人数を絞って募集させていただきましたが、平日でしたら別日にも実施可能なのでもし気になる方がいらっしゃいましたらご一報ください!

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

コメント一覧 ☆お気軽にコメントください☆

  1. 山はやっぱり素晴らしい
    11月2日の富士山大室山
    益々楽しみになりました。

    • 山は良いですね!当日が晴れることを祈ります。

登山ガイドWaka
タイトルとURLをコピーしました