1泊2日

東北

虎毛山 虎毛沢下降〜赤湯又沢左俣遡行〜湯ノ又沢右俣下降

秋田県湯沢市にある虎毛山。虎毛沢は美しいナメを抱える沢として有名だ。 10月の中旬、そろそろ始まっているであろう紅葉。そして赤湯又沢にある秘湯。<br>色々な要素が詰まった1泊2日の沢旅は、予想の斜め上を行く満足度だった。
東北

東北 南八幡平 葛根田川〜明通沢下降

1泊2日で南八幡平の葛根田川を遡行し、明通沢を下降した。葛根田川は東北随一の名渓として有名だ。もし、私が将来的に誰かを沢へ連れて行く事になったとしたら、ここ葛根田川を案内出来たら素敵だ。この渓谷美を目の当たりにすれば誰だって沢が好きになるに違いない。
東北

東北 南八甲田 黄瀬川

青森県の八甲田山。私の認識ではバックカントリー スキーで有名。いつかスキーで訪れたいと思っていた場所。 まさか沢登りで一足早く訪れる事になろうとは。人生初の東北での山歩き。行ってよかった。日本の山の素晴らしさを再認識させられた山行となった。
戸隠・頸城・海谷

頸城 火打山から妙高山へ 高谷池ヒュッテでテント泊

頸城山塊の主峰、妙高山とその隣ににたおやかな山容を並べている火打山。 下界や近隣の山々からその姿を何度となく眺めていた。雲量の多い天候だったが、一瞬一瞬の晴れ間に山々の眺望を眺めることができ、満足の山歩きとなった。 <!-- /wp:paragraph -->
怪我

沢登りで毛虫の被害に 毛虫皮膚炎

沢ではそれほど虫の気配はなかったが、源頭近くの幕営地には数匹のオロロと大量のヤブ蚊。なかなかの虫パラダイス。肝心の毛虫は、私自身はその姿を目撃することは少なかった。しかし実際には何匹かの毛虫達とガッツリ触れ合っていたようだ。
会越国境

会越 叶津川 木ノ根沢

叶津川支流の木ノ根沢へ。所々現れる小さなナメ床に癒されつつ、ノンビリと沢歩きを楽しむ。2段10mの滝を越えると、グンと渓相が良くなった。木漏れ日の下、ナメ床をヒタヒタと進む。水量少なく、全ての滝を快適に登る事が出来た。
会越国境

会越 只見川 川原井戸沢〜風来沢下降

先週に続き、今週も会越の美渓を堪能してきた。 日 時  2020年6月6日 (土)〜7日(日)山 域  会越 阿賀野川水系 只見川目 的  沢登りコース  川原井戸沢〜P1,103〜風来沢(かさぎさわ)人 数  4人天 気  初日は...
会越国境

会越 室谷川 駒倉沢〜倉谷沢下降

私にとって初の山域、会越へ。 日 時  2020年5月30日 (土)〜31日(日)山 域  会越 阿賀野川水系 室谷川目 的  沢登りコース  駒倉沢〜P1,005〜倉谷沢人 数  4人(P1,005mまで)、その後は2人天 気  ...
タイトルとURLをコピーしました