山域

南アルプス深南部

寸又峡温泉〜朝日岳〜大無間山〜風イラズ〜尾盛駅 周回

季節も10月になり、いよいよ秋模様。 寸又峡の天気が良さそうだったので、2年前から計画しており、2回雨天で断念した当計画を実行する事とした。 樹林帯と笹ばかり。アップダウンでハードな「南アルプス深南部」らしさを存分に満喫できた3日間だった。
東北

虎毛山 虎毛沢下降〜赤湯又沢左俣遡行〜湯ノ又沢右俣下降

秋田県湯沢市にある虎毛山。虎毛沢は美しいナメを抱える沢として有名だ。 10月の中旬、そろそろ始まっているであろう紅葉。そして赤湯又沢にある秘湯。<br>色々な要素が詰まった1泊2日の沢旅は、予想の斜め上を行く満足度だった。
越後三山

坂戸山 城坂〜薬師尾根【南魚沼市の里山】

南魚沼市の里山坂戸山。巻機山から伸びる尾根上の末端に位置するのが坂戸山である。 高速道路を走っていても、目立つ山だ。「あの山は何山だろう?」と一度は気になったことがあるのではないだろうか。 時間があったので巻機山下山後、寄り道してみる事とした。
上越国境

巻機山 ヌクビ沢〜井戸尾根 周回

以前よりずっと気になっていた巻機山へ。破線ルートであるヌクビ沢コースより登ってきた。本コースは上級者向けとなっているが、巻幡の美渓を存分に楽しめる名ルートだ。こんな贅沢な登山道があるなんて。稜線では紅葉も始まっていた。終始見どころ満載の充実した1日となった。
東北

東北 南八幡平 葛根田川〜明通沢下降

1泊2日で南八幡平の葛根田川を遡行し、明通沢を下降した。葛根田川は東北随一の名渓として有名だ。もし、私が将来的に誰かを沢へ連れて行く事になったとしたら、ここ葛根田川を案内出来たら素敵だ。この渓谷美を目の当たりにすれば誰だって沢が好きになるに違いない。
東北

東北 南八甲田 黄瀬川

青森県の八甲田山。私の認識ではバックカントリー スキーで有名。いつかスキーで訪れたいと思っていた場所。 まさか沢登りで一足早く訪れる事になろうとは。人生初の東北での山歩き。行ってよかった。日本の山の素晴らしさを再認識させられた山行となった。
戸隠・頸城・海谷

頸城 火打山から妙高山へ 高谷池ヒュッテでテント泊

頸城山塊の主峰、妙高山とその隣ににたおやかな山容を並べている火打山。 下界や近隣の山々からその姿を何度となく眺めていた。雲量の多い天候だったが、一瞬一瞬の晴れ間に山々の眺望を眺めることができ、満足の山歩きとなった。 <!-- /wp:paragraph -->
会越国境

会越 叶津川 木ノ根沢

叶津川支流の木ノ根沢へ。所々現れる小さなナメ床に癒されつつ、ノンビリと沢歩きを楽しむ。2段10mの滝を越えると、グンと渓相が良くなった。木漏れ日の下、ナメ床をヒタヒタと進む。水量少なく、全ての滝を快適に登る事が出来た。
無雪期一般

黒部源流の山旅6泊7日〜テント泊縦走と渓流釣り〜

天気予報を見ると天気が良さそうだ。好天を利用して、大好きな薬師沢小屋に遊びに行く事にした。 せっかくなので新穂高から入山、縦走がてら薬師沢小屋経由で黒部ダムへ抜ける事にした。歩きたいルートを繋いだところ6泊7日のガッツリな計画となってしまった。
会越国境

会越 室谷川 前ノ沢左俣

名峰「御神楽岳」が北西に抱えている沢、前ノ沢。白く輝く側壁。狭い水路を水が勢いよく流れる。釜に溜まる水は美しい色をしている。上部でミニゴルジュ帯に突入。水流で磨かれた滑らかな側壁。まるで日本庭園のような芸術的な景観だ。
タイトルとURLをコピーしました