スポンサーリンク
山歩き雪山登山越後三山

猿倉山 南魚沼市の里山あるき

山歩き

2024/2/2(金) 4時間45分
山口集落 (9:40) – 猿倉山 (12:35) – 山口集落 (14:25)

家の裏にあって、まだ歩いたことのない猿倉山に行ってきた。
夜から予定があるので、今日はさっと偵察、お散歩のつもりで出発。

ザックの中身はジャケット、ツェルト、スコップ、積雪観察セット、水、グローブのみ…。

山口集落の裏手から林道に入る。早々にワカンを装着してラッセル開始。

林道を歩く
杉林

しばらく林道をたどり、目星をつけていた尾根から猿倉山の南にあるピーク592mを目指す。途中の痩せ尾根は藪がうるさかったが概ね雰囲気の良い尾根。途中、カモシカに遭遇。
振り向くとガスに包まれた八海山。私たちの住む集落を挟んだ対岸に阿寺山が見える。

振り返れば八海山
痩せ尾根は藪がちょっと多い

ピーク592mまで登り詰めると南魚沼市のシンボル坂戸山や、街並みが一望できた。無名ピークだけど良い感じ!

無名ピークでも素晴らしい展望です

猿倉山へ向けて稜線を進むと、まもなく痩せ尾根になり藪がうるさくなった。

昼近くなってきたので、同行しているKさんに「そろそろ下山する?」と提案したが、Kさんは猿倉山へ行きたそうで不服だ。「いや、そろそろお腹空いてきたんだけど…。」と説得を試みるもすっかり拗ねてしまったので、仕方ない、一緒に猿倉山を目指すことにした。

Kさんは「もうあと少しだよ!」と言うが、片道1kmあるのでたいして近くない気がする…。
藪の細尾根を抜けると、広い尾根になり歩きやすくなった。雰囲気は良い感じだが、太ももがエネルギー不足を訴えている…。

猿倉山が遠く見える

ここまで私がずっと先頭を歩いていたが、時短のため、交代でラッセルを頑張ることにする。

山頂まであと少し。シャリバテで足が重い…。
猿倉山到着!

12:30山頂着。しばし休憩して、今度は八海山へ向かう東尾根を辿る。

指先が寒くなってきて、グローブをつけようと思ったら何たることか2つとも左手用だった…。
とりあえず左手だけ装着した。

東尾根を進みます
雪に覆われた世界です

ピーク695mを超えたところから南に降りる尾根を下降する。出だしはやや急だがそのうち斜度が緩み歩きやすくなった。

私はいよいよお腹が空いてきて、なんだか腰も痛くなってきてペースダウン。
やっぱり無理して周回するんじゃなかった。
Kさんは私に謝っているが、すごく楽しかったよ!と嬉しそうだった。ちょっとは行ってよかったかな?

程なくして林道に合流。14:30下山。

その後、家に帰る前にラーメン屋に直行。Kさんが「奢るよ!」と言ってくれたが
財布を忘れたため結局私が2人分支払うこととなった。

ヤマレコはこちら

山行記録: 猿倉山
2024年02月02日(日帰り) 甲信越, 雪山ハイキング / waka1187の山行記録

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

・・・
最後まで読んでいただきありがとうございました。
内容がよかったらワンクリックお願いします。↓

コメント ☆お気軽にコメントください☆

登山ガイドWaka
タイトルとURLをコピーしました