上信越 雪山登山

苗場山 雪山登山 天空の雪原を目指して

上信越

日 時 2021年3月20日(土)

山 域 上信越

目 的 雪山登山

行 程
2021年3月20日(土)
6:25 駐車地点 – 7:30 小赤沢3合目 – 10:10 湿原 – 10:50 苗場山 – 11:30 湿原下降開始 – 12:35小赤沢3合目 – 13:25駐車地点 (合計時間 : 7h)

人 数 単独

天 気 午前中は晴れ。山頂部、時折強風。北西方面展望開けるが、東側は雲海が広がっていた。午後から雲量増えて曇り空に。

雪 の 状 態
ザラメ雪、湿原直下の急登はモナカ雪。

PowderSearch

G P S ロ グ
距離 : 11.9km 累計高度(+) : 1,241m 累計高度(-) : 1,228m

日帰りで苗場山へ。

以前、夏に同ルートを歩いた事がある。
山頂部に広がる穏やかな湿原はとても印象深かった。

「いつかは冬も」とずっと憧れていた場所に今回ついに行くことが出来た。

本来山スキーで登る予定だったが、スキーブーツのインナーをベランダに干しっぱなしにしたまま忘れてきてしまった。
今回はこの後に雪山登山の予定があったため、奇跡的に車に登山靴が積んであった。
急遽、歩いて登りに行くことに。(全く登れない状況でなくて本当に良かった。)

早朝、苗場山小赤沢登山口に向けて車を進める。
秋山郷へ至る道はなかなか。降雪中は運転時から雪崩に気をつけなければいけなそうだ。
除雪終了点のスペースに車を止めて6:25登山開始。
除雪終了点から600m程道路を引き返し、取り付きへ。

林道は途中まで除雪されていた。(帰りに撮影)
小赤沢川右俣の左岸を進む
左岸から右岸へスノーブリッジを渡る。(振り返り撮影)

小赤沢川の右俣を渡渉すると、穏やかなブナの森が広がる。
直近で降雪がなかったため、雪は硬く歩きやすい。

静かな森
熊の足跡

やがて小赤沢登山口3合目へ到着。

小赤沢登山口3合目駐車場

広い駐車場もすっかり雪に覆われ、雪原と化していた。

あるはずの登山ポストも見当たらない。

夏場は賑やかな場所も、今はシンと静まり返っている。
雪面に足跡を残しながら苗場山へと向かう。

気持ちの良い森林ハイク

標高点1,293m付近は広い森が広がっており、自由にトレースを刻んでゆく。

細尾根へ取り付く

やがて細尾根へ。夏もここの細尾根を歩いた記憶がある。
この時期クラックが怖いのでトラバースは避けて、小さなポコでも尾根上を忠実に辿る。

細尾根の先の広い森は凸凹している。

再び広い森の中をのんびり歩いてゆくと、いよいよCO1,720m付近の急登地帯が迫る。

目前に核心部・苗場の壁。

今日は雪崩の危険は低そうだが、急斜面を見上げるとやっぱりドキッとしてしまう。
こんな場所、状況が悪いと尾根筋でも問答無用で雪崩そうだが、とりあえずは沢筋ではなく尾根っぽい場所を選んで高度を稼ぐ。

一度傾斜が緩んだ後にいよいよ山頂部直下に差し掛かる。標高差200mはかなりの急登。
念のためアイゼンに履き替え、一歩一歩を慎重に登る。

降雪直後は雪崩が怖い場所。

隣の沢筋にひっきりなしにサラサラと雪粒が転がってくる。
スノーボールでもないが、パッと見た感じ雪崩っぽくて気味が悪かった。
正体は後になって分かった。
上部に生えた木々の樹氷が落ちたもの、もしくは元々木の根元に落ちていた樹氷の破片が風で押されて沢筋に転がってきたようだ。なるほどなるほど。
雪崩の予兆でないと分かって一安心だ。

上部は木々が増えてくる。

急登はとにかく急登。
もし山スキーで行っていたとしたらハイクアップはなかなかテクニカルな場所だったかも。
私だったら迷わずシートラーゲンだな。
雪質はザラメではなくモナカ雪。スキー滑降するのも難しそう・・・。

鳥甲山が見えた。
右手を見ると、夏道のある苗場山のコルが見えた。

10:10、ようやく苗場山の山頂部へ。
木々の隙間を抜けると、目前には広々とした苗場の雪原が広がった。

素晴らしい(クリックして拡大)

早速、山々の展望に目を惹かれる。

岩菅山ズーム(クリックして拡大)
佐武流山の眺望も(クリックして拡大)

ちょこんと居るのは私一人だけ。
花も池塘も全てが今は、雪の下で眠っている。
足元の生命を感じながら、山頂へと向かった。

果てしない雪原
冬は好きな場所を歩ける
眼下に広がる森も広大だ。
苗場山頂ヒュッテを目印に

山頂近くにあるヒュッテを目印に進む。
地形図で確認すると、ちょうど私は池塘の上を歩いているようだ。
無雪期では決して歩くことの出来ない場所を自由に歩けるのも、雪山登山の醍醐味だ。

ヒュッテは硬く閉ざされている

近づいたヒュッテは硬くバリケードがされていた。

北側はほぼ埋没

山頂標識は当然埋没しており、それらしいところを山頂として引き返す。
せっかくなので、ブラブラとのんびり、行きとは違う場所を歩いて雪原を楽しむ。

東側は残念ながら雲隠れ
何度も振り返る
鳥甲山ズーム(クリックして拡大)

近くに見える鳥甲山が美しい。
いつか登ってみたいものだ。

素晴らしい展望(クリックして拡大)
鳥甲山の右後ろには妙高・火打がぼんやりと見えた(クリックして拡大)
山頂方面を振り返ると(クリックして拡大)
八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳が姿を現した!(クリックして拡大)
美しい景色を目に焼き付ける。

地形図を眺めていて気になった、神楽ヶ峰から苗場山、赤倉山、佐武流山へ繋がる稜線歩きもしてみたい。

今度はテントを担いで、この山域へ訪れるのも素敵だなぁと思った。

「また来るよ。」心の中で苗場山にそう伝えて、下山を開始する。

向こう側にスキーヤーのグループが。

往路、急斜面を降っていると、沢筋を挟んだ1つ向こうの尾根を山スキーのグループ5人がハイクアップしているのが見えた。
・・・やっぱり板を履いて登るのは大変そうだ。

気温が上がり、朝よりもグサグサになった斜面を、時々シリセードをしながら快適に降る。
13:25駐車地点無事帰着。

↓以前、夏に歩いた時の記録です。

コメント一覧 お気軽にコメントください。

タイトルとURLをコピーしました