山スキー 東北

快晴の栗駒山 山スキー

日 時 2021年1月15日(金)

山 域 南東北

目 的 山スキー

行 程
1月15日(金)
6:50ハイルザーム栗駒ー8:55イワカガミ平ー10:40栗駒山ー11:30イワカガミ平ー12:10ハイルザーム栗駒

人 数 2人

天 気 晴れ

2021年1月 過去の天気図 気象庁

雪 の 状 態
森林限界上はウィンドパック、シュカブラあり。イワカガミ平より下部はサンクラストや重めの雪。

Powder Search

移動性高気圧に覆われた1日。
山仲間のKさんとどこへ行こうか悩み、紅葉でも有名な栗駒山へ山スキーへ行くことにした。
東北の好天は非常に貴重だ。今回は、今シーズンの山スキーで初めて晴れた日でもある。
真っ青な空の下、輝く雪稜を歩くのはとても楽しかった。
思い出にずっと残るような素晴らしい日となった。

ハイルザーム栗駒に車を停めさせていただき6:50登山開始。

除雪終了点から車道を進む

車道をショートカットしつつ、まずはイワカガミ平を目指す。

朝日。

そのうちに、太陽が昇ってきて辺りが明るくなってきた。
太陽に照らされて雪面がキラキラと輝く。
既に空には青空が広がっている。素晴らしい好天に気持ちが高まる。

栗駒山をのぞむ

イワカガミ平まで進むと、いよいよ栗駒山が見えてきた。

素晴らしい晴天!美しい

いよいよ樹林帯が終わり、広い雪原を歩き始める。
風に磨かれた雪面はウィンドパックされておりシュカブラが発達している。

後ろにあるのは禿(かむろ)
向かって左は禿(かむろ)虎毛も見えてきた

美しい展望に私もKさんも「サイコー!」を連発しながら進む。

風が強い

栗駒山直下は風が直接吹き付けてくる。
斜度がそれほど急ではないのが幸い。一歩一歩、慎重に登ってゆく。

とにかく素晴らしい
栃ヶ森も真っ白
山頂に到着

11:40栗駒山到着。
山頂標識も、祠もエビの尻尾がビッシリ。

広大なバーン

景色を堪能し、手早く滑降モードに。

青と白
シュカブラ

シュカブラ地帯はボコボコなのでうまくターンが出来ない。

栗駒山を見上げる
滑走はまだ続く
最後まで素晴らしい山でした。

あっという間にボトムまで到着。
私たちが降っている間に、1組のスキーヤー、2名の登山者と出会った。
登山者は地元民のようで、こんなに晴れる栗駒は貴重だと言っていた。

標高1,626mの栗駒山だが、イワカガミ平付近から既に森林限界が始まる。
見渡せば圧巻の山々。
東北はアクセスが遠くて大変だが、行って良かった。

初めての栗駒山は私にとって素晴らしい思い出の一つになった。

【参考書籍】

コメント一覧 お気軽にコメントください。

タイトルとURLをコピーしました