コメント一覧 お気軽にコメントください。

  1. GG より:

    つづき

    富士山・二ッ塚は、フジアザミ・オンタデ・イタドリなどが
    繁茂していた。
    二ッ塚は、冬来ることが多いが、夏、これほど草花が
    多いことを再認識した。

    しかし、今回、驚いた。
    何気なく見たフジアザミの花が、辺りに散らばっていた。
    株の周りは、鹿の足跡が多数。
    目撃したわけではないが、散らばった花の原因は、
    鹿の「試食」と推察された。

    ただ、「まずい」のか??完全に食べてはいなかった。
    食べたというより、「ちぎった」感じだった。
    周りの多くのフジアザミは健在だった。全体で2~3株
    だろうか。オンタデ・イタドリは食われていなかった。

    以前、南アルプスで一面の「バイケイソウ」畑で穂先だけ、
    食べられていたのを見た。通常、鹿は「バイケイソウ」を食べない。
    毒があるからだ。鹿はそれを知っている。

    しかし余程、空腹に耐えかねたのだろうか、出たばかりの
    穂先だけ食べていた。新芽は、毒が薄いのだろうか。

    「フジアザミ」の毒性は聞いていない。が、今まで食用になって
    いないのが不思議。
    しかし、何らかの理由で、空腹に耐えかねて食べられる可能性はある。
    今後、注視が必要です。

  2. GG より:

    残暑お見舞い申し上げます。

    裾野麗峰山の会
    会報「れいほう」9月号出ました。
    よろしくお願いいたします。

    http://susono-reihou.babyblue.jp/page116-44.html

    GG

タイトルとURLをコピーしました